Powered By 画RSS

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのピン/// Part.3 - 2013.12.27 Fri

前回の続き

ルール説明を一通り受けた僕だったが、当然麻雀は4人いなければ打てない。

まさかカイジのように2人で17歩をやるわけにはいかない。

 参考
2013-12-27_010407.png


僕は
「他のお客さんが来るの待ってます」
と伝えた。

しかし僕のためにメンバー3入りで卓を立ててくれるという。

むしり取られると覚悟した瞬間である。ありがたい限りです。


待つこと20分、メンバー2人が到着した。

かくして戦いの火蓋が切られるのだった。


その時の僕はやる気だけは満ち溢れていた。

なんというか、誰にも負ける気がしなかった。

『くくく・・天鳳で培った麻雀力をせてやるぜ・・!』

などと訳の分からない自信を持っていた。

点数計算もできないのにである。


そうした意気込みで打った結果・・

3着(´・ω・`)

ネタにもならないような微妙な結果だった。

ラ、ラス回避能力は発揮できたし・・

天鳳だったら3着は勝ちだし・・

自分への言い訳で一杯だった。


その後もう1ハンチャン行い、結果は・・!




ラス(´;ω;`)

ラス回避能力なんてなかったんや・・

フリーだと速くて鳴きたい牌鳴けなかったからだし・・

緊張してちょっと視野が狭くなってるだけだし・・

等と自分へ言い訳。なんかもう可哀相だった。


ちょうどお昼となり、一旦休憩の流れへ。

店長が僕に出前を奢ってくれるという。

遠慮なく御馳走になる。

「ありがとう店長!」

8000Gのカツ丼の味は忘れません。


お腹が満たされた僕は、凹んだメンタルからも立ち直りつつあった。

当然このまま負けっぱなしでは終われない・・!

僕は気合を入れ直し、次の戦いへ望むのだった。

果たして僕はアウトを切らず無事帰れるのか・・!
※アウト = 借金

続く


↓僕たちの戦いはこれからだっ!

初めてのピン/// Part.2 - 2013.12.26 Thu

前回の続き


意を決した僕は車を走らせた。

車の中での僕は期待半分、不安半分といった心もちで複雑な心境だった。

そして車を走らせること20分、遂に雀荘の前に辿り着いたのだった。


なるほどここが雀荘か・・

思ったより普通の店構えだった。

しかし、中の様子は窺えない。

怖いお兄さんがいたらどうしよう・・

などと僕は怖気づいていた。


店のドアに手をかけるのだが、なかなか開けない。

歩行者からジロジロ見られる挙動不審な僕。

ここまで来てまさかの『帰る』という選択肢まで浮かんでくる始末だった。

しかしここで帰っては男が廃る(?)
と考えた僕は遂にドアを開けたのだった。


中には店員の方が1人おり、店の準備をしていた。

「いらっしゃいませー。ご新規の方ですか?」

あれ?普通だ?怖いお兄さんがいない?

そもそも10時開店で10時に行ったらお客さんがいないのは当たり前なのである。


初めての入店だったので店のルールの説明を受ける。

基本的なルールは天鳳とほぼ同じだった。

しかし、全然違う点が1つだけあった。

それは、親のテンパイ連荘がないということ。

要するに上がらないと親が流れてしまうということである。

「ははーん。早く卓を回して場代を取るためだなー」

などと要らない邪推も忘れない。


そしてこの時点でレートがピンであることに気付く。

「雰囲気的に点5だろう」

と何の根拠もないまま店に入ったため、財布の中身が心許ないことに気付く。


一般的にフリー行く時はレートの300倍持って行けば安心と言われている。

点5なら15000G、点ピンなら30000Gということだ。

その時の僕の財布の中身は17000G。

び、微妙・・


かくして僕の波乱のピンデビューが幕を開けたのだった。

続く

天鳳やってろ!という方はクリックお願いします(・ω・`)

初めてのピン/// - 2013.12.24 Tue

※一年以上前にフリーデビューした時の内容です。


ある日僕は猛烈にリア麻が打ちたい衝動にかられた。

麻雀自体は天鳳をやっていたので問題なかったが、リア麻はからっきしだった。

というのも、当時僕は青森で暮らしていた。

青森の仲間の中には麻雀ができる友人が全くいなかったのである。


僕は考えた。

フリーに行くべきかどうかである。

セットで雀荘に行ったことはあったが、フリーは全く経験がなかった。

今でこそそれほど抵抗なく行けるが当時の僕にとっては一大決心だった。


思い出して欲しい。

初めてフリーに行ったときのことを。

緊張しながら店の前に着き、入ろうか入らまいかを入口の前で一時間も悩みながら彷徨っていたあの時の姿を。

その時の僕はまさにそれだった。完全に不審人物です。


さらに問題があった。

その時の僕は点数計算がほとんど出来なかったのである。

今も60符以上はできないのは秘密である。

すいません頑張ります・・


しかし僕はすべてを投げ出して決意した。

「よし、フリーに行こう!」


続く

↓流石に1時間ウロウロしねーよ・・って方はクリックお願いします(*´ω`*)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かろーら

Author:かろーら
 
元七段
現在六段
ID:かろーら.A

現在東京在住。
フリーも行きます。
とんとんかちょい浮きが多いです。

時間がある方は一緒に打ちましょう!

ツイッターもやってます。
かろーらで活動してるので
お気軽に絡んで下さい。

初めての方はこちら

お問合せはこちら

最新記事

カテゴリ

◆はじめに (1)
◆プロフィール (3)
◆天鳳 (48)
◆サイトマップ (0)
◆リンク (0)
◆フリー (8)
◆雑誌 (1)
◆動画 (7)
◆リアルな日々 (4)
◆オフ会 (6)
◆戦術 (2)
◆牌譜検討 (1)

麻雀ブログランキング

↑他のブログは       何書いてるの?

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。